「地球にふれよう 感じよう」開催 2/18


わたしたち、ガールスカウトにとって特別な日、2/22は「ワールドシンキングデイ」。ガールスカウトはこの2/22に近い日に世界中で共通のプログラムに取り組んでいます。
それぞれのグループでいろいろな解釈で開かれる集会ですが、もとは同じプログラムなので、なんとなく似通った集会風景です。(参考:ガールスカウト日本連盟 ワールドシンキングデイ特設サイト

わたしたちの団では「地球にふれよう 感じよう」をテーマに、4歳以上のお友だちを対象に体験集会として開催しました。

  1. 生き物さがし
    公園の中で生き物をさがして、絵にかいたり、メモしたり、持ってこれるものは持って来たりしてもらいました。
    そのあと、見つけたものを発表してもらい、それらをみんなで描いたり貼ったりし一つの絵にしました。
  2. 大きな世界地図
    紙にマスキングテープを巻いたり、顔を描いて、みんなの分身を作り、豪華客船や飛行機に乗って、世界旅行。ミニミニパスポートをもって、ガールスカウトのワールドセンター5つを巡りました。パスポートにはワールドセンターのマークを貼って、国名も丁寧に書き込んでくれました。
    最後に地球儀で世界旅行をおさらい。地球の広さを感じてもらえたかな。
  3. 地球のためにできることを考えよう
    1で見つけたいろんな生き物たちと一緒に住んでいる、2で感じてもらった大きな地球。この地球のためにできることを考えるヒントのマークを貼った大きなサイコロを振って、出た目のマークについてできることを保護者さんと一緒に答えてもらいました。
    「水を出しっぱなしにしない」、「電気をこまめに消す」、「ゴミが出にくいものを買う」、「牛乳パックや食品トレイはリサイクルする」などなど、意見がいっぱいでました。
    出た意見をみんな、お家でやっていくこと、また、お友だちにもお話ししようと約束して集会を終えました。

ワールドシンキングデイとは

ワールドシンキングデイは、ベーデン-ポウエル夫妻ロバートとオレブの共通の誕生日である2月22日に、毎年行われています。1999年7月、第30回世界会議で、シンキングデイの世界的な面を強調するために、新しい名前「ワールドシンキングデイ」が採択され、2月22日は、あらゆるガールガイド・ガールスカウトが世界中の会員に思いをはせる日 – シンキングデイ – として、知られるようになりました。ワールドシンキングデイは、私たちの運動の国際的な友情を祝うとともに、重要な問題について学び、行動を起こす機会となっています。